駐車場運営で利益を出す!知っておきたい基本情報を分かりやすく紹介

駐車場運営では、順調に利益を上げている人もいますが、思ったように収益を得られていない人も少なくありません。
その理由としては、運営方法が間違っていることも考えられます。
そして、利用者が減少する原因では管理業務が行き届いていないことも考えられます。
管理をしっかりとしていないと、トラブルも発生しやすくなり利用者が離れることにもつながります。
管理が難しい場合は、専門の運営代行業者に依頼するなど対策も考えていきたいところです。

駐車場運営で利益を出す!知っておきたい基本情報を分かりやすく紹介

駐車場運営は、比較的初期費用も少なく初心者でも始めやすい土地活用方法です。
駐車場運営は初期費用は少なく済みますが、マンション経営などと比較すると収益性はあまり良いとはいえません。
長期間安定した利益を得るのであれば、それなりの工夫も必要です。
まず、立地によっても月極が良いのかコインパーキングが良いのかは変わってきます。
周辺の環境も良く確認して、最適な運営方法を選びましょう。
駐車場運営は管理業務は少なめですが、それでも業務を怠るとトラブルやクレームも発生します。
長期に安定した経営を続けるためにもクレームやトラブルへの対策はきちんとしておきたいところです。

駐車場運営の成功のためにはニーズが高い場所を選ぶ

節税対策や老後の資金稼ぎとして、または生活を支える職業として人気の駐車場運営ですが、その運営の成功の鍵を握っているのは、言うまでもなくどれだけの人に沢山利用してもらえるかにかかっています。
それには、どういう人がどういう用途で車を使い、そしてどこに駐車するかという利用者のニーズを確実に捉えておく必要があります。
但し、誰でも思い浮かべるであろう、駅前や繁華街の近くというのでは、土地代が高過ぎて多くの資金が必要となりますし、そもそも空いている土地を見つけるのが難しいと思います。
そこでオススメなのが、一見利用者が少なそうに思える住宅街です。
実は住宅街は駐車場運営の大きな穴場なのです。
セールスにきた営業マン、住宅の新築やリフォームといった工事に関わる人や、子や孫を訪ねてくるおじいちゃんおばあちゃんなど、多くの利用者を見込むことができるのです。
そういった住宅地に狙いをつけた上で、現地調査や聞き込みによって、よりニーズの高い場所を選ぶのが成功の秘訣です。

駐車場運営にかかる初期費用はどれくらいかかるのか

空いた土地を持っているような人も少なくないと考えられますが、空いた土地を何も使わずにいると勿体ないです。
そのようなときに駐車場運営をするとスムーズに駐車代の収入を得ることができますから、多くの人がチャレンジする価値があると考えられます。
ただ駐車場運営をするには初期費用が必要となりますから、最初にある程度の費用を用意できないと運営を開始するのは難しいです。
駐車場の規模にもよりますが、5台から10台程度の駐車できるスペースを確保したい場合は数百万程度は用意しないといけません。
月極駐車場の場合は整地する費用となりますから、既にある程度整地されているような場合は初期費用も少なくて済みます。
企業に一括借り上げしてもらう形で駐車場運営をやる場合は、基本的に費用は企業側が対応してくれますから最初の資金を用意できないような人でも安心です。
一括借り上げ方式は駐車場を管理するときに必要となるランニングコストについても、個人が負担する必要がないので頼りになります。

駐車場運営で失敗してしまう理由は何か

成功を目指すには他人の失敗体験から学ぶのが最も近道です。
ローリスクかつ参入しやすい駐車場運営の失敗で多いのが、そもそも駐車場に向いていない土地だったです。
空き地を気軽に駐車場にしたけど利用したのはいいけれど競合他社がたくさんいたり、立地条件が悪いため利用者が少なく売上が一向に伸びないという事例があります。
これは市場調査をしていなかったり、甘い見込みで駐車場運営を始めた場合にありがちです。
また与信管理を自らする場合は、トラブル発生時の対応や手間の費用を考えていないという事例も少なくありません。
賃料を滞納されたり車両が放置されてしまう場合、運営者が連絡したり回収しなければなりませんが、その時間と負担は膨大なものになります。
このような悪質な利用者に加えて、事故などのトラブルのさいも対処しなければなりません。
このような事例を招く理由はノウハウのなさにあります。
市場調査や様々なトラブル対策をするには専門的な知識とノウハウが必要であるため、駐車場運営会社に相談すると解決を目指せます。

土地活用をしたいなら駐車場運営がおすすめ

親や親族などが亡くなり、相続により土地などを取得する機会は誰でも遭遇する可能性があります。
最近では土地や建物の安定した資産価値よりは、保有することに随伴する税負担や不動産管理などが意識されて、必ずしも不動産を保有することに魅力を感じない方が増えつつあります。
特に土地でも更地の場合は、固定資産税の軽減措置が適用されないため、毎年のように相当な金額の税負担を覚悟する必要が。
土地活用により税負担を吸収し、収益を想定する必要性が高いのはこのような事情が関係しています。
土地の利活用を想定する場合に、駐車場運営というのは合理的な選択といえます。
不動産の利活用といえばアパート・マンション経営などもありますが、巨額の建築資金を確保しなければならないうえに空き家リスクと向き合わなければなりません。
この点駐車場運営では土地の整地費用などはイニシャルコストに必要になりますが、さほどの金額ではなく収益分岐点も低く抑えることができるなど色々なメリットがあります。

駐車場運営に関する情報サイト
駐車場運営の基本情報

駐車場運営では、順調に利益を上げている人もいますが、思ったように収益を得られていない人も少なくありません。その理由としては、運営方法が間違っていることも考えられます。そして、利用者が減少する原因では管理業務が行き届いていないことも考えられます。管理をしっかりとしていないと、トラブルも発生しやすくなり利用者が離れることにもつながります。管理が難しい場合は、専門の運営代行業者に依頼するなど対策も考えていきたいところです。

Search